Taliban against International Law!
国際法に反逆するタリバン!

Zaheer Asefi

タリバンが2台の車のトランクに4人の男を押し込んでいます。彼らはカーブル郊外のハイルハナ(Khairkhana)地区に住むパンジシールの市民です。ほとんどの市民が(人種、国籍、言語、宗教、参加する社会集団にかかわりなく)タリバンに逮捕され、どこか不明な場所に拉致されていく事実は人道に対する犯罪です。

(WAJ編集部:閲覧注意:公開処刑など残酷なビデオがあります。)
(Warning: There are cruel videos such as public executions.)

 

国際法に反逆するタリバン!

タリバンは人道法と1949年のジュネーブ国際条約を尊重していません。承認された法律や戦争慣習に違反した場合は、戦争犯罪と見なされます。アンダラブとパンジシール(アフガニスタン)での民間人の殺害と捕獲、電気、インターネット、通信ネットワークの遮断、食品、医薬品、その他の必需品の配達の意図的な遮断、特定の市民グループに対する虐待と暴力は戦争犯罪です。

タリバーンは、「私たちは誰にも再定住を強制しなかった」と述べている。しかし、そのような非人道的な状況(上記の段落で述べた)の結果として、地元の人々は故郷を離れることを余儀なくされています。これは、実際には人道に対する罪であるタリバンによる意図的かつ体系的な行動です。民間人の射殺、地元住民の抑圧、民間人の拷問と迫害、捕虜を装った民間人の逮捕と未知の場所への移送は、タリバンの明らかな犯罪を反映しています。戦争に近い地域のメディア包囲にもかかわらず、タリバンの明らかな犯罪のビデオがソーシャルメディアに投稿されました。

タリバンは、女性の権利と個人の自由と市民の権利を認めていません。
すべての啓蒙され文明化された人は、タリバンの犯罪に関するニュースや情報を文書化して広めることによって、人間的、道徳的、教育的義務を果たすべきです。

昨日、タリバンは地元住民(300人)に家や土地を離れるのにたった9日しか与えませんでした。ダイクンディ(アフガニスタン中央部の州、カザライのシーア派が住む州)の住民のビデオが公開されました。タリバンがカンダハール市の第1四半期の住民に家を出るように圧力をかけられているというニュースがカンダハールから来ました。もと国軍のカーメルとナジブラの家族がこの地域に住んでいます。彼らは国防省からこれらの土地を受け取り(35〜40年前)、自費で家を建てました。

そしてこれまでで最も見過ごしてはならないのは、これらの事実を文明世界がただ見ているだけだ ということです。残念なことです 。

2 thoughts on “<strong>国際法に反逆するタリバン!</strong>”
  1. 女性の権利をはじめ、あらゆる人権、権利が混乱の中に置き去りにされましたね。「帝国」退場の混乱の後、歴史は繰り返されるのか、新たな歴史のステージが生じるのか。アフガニスタン人はもとより国際社会に投げかけられた問いですね。
    日本の役割は一体何でしょうか?決してお金を出すことではない。日本の無関心、いや国際社会の無関心があってはならないと
    発信すべきではないだろうか。

    1. 世界が見ているぞ、と声を上げることだと思います。
      ヨーロッパや北米では難民やさまざまな事情でアフガニスタンを離れてその国に来ている人たちと一緒にデモや集会をしています。日本ではまだそこまでの動きは作れていませんが、とにかく知り合いにアフガンで起きていることを正確に伝える努力が大切だと思います。どんな同情でもないよりましですが、事情をしらないなまじな同情はずるい人たちに利用されてしまう場合があるのでご注意です。(野口)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です