Taliban forces school teachers, students and their parents to participate in demonstrations and support Taliban Shariah and Emirates.

【9月15日、11時55分発】昨日、アフガニスタン北部の州ファーリヤーブの州都マイマナ市にあるセトラ女子高でターリバーン当局が集会を強制開催しました。
情報によると校長はじめ教職員の反対を押し切って集会とデモは強行されました。

ターリバーンは特別な黒いブルカを着た自分たちの支持者の少女と女性を近くの村から連れてきました。スピーチする女性3人も選んでつれてきました。彼女らはファーリヤーブのその他の女性たちに対して「ベールを被らない恥知らず」と非難しました。集会のあと、タリバン選りすぐりの女性たちは市内に出てデモしスローガンを叫ぶよう命令されました。そのスローガンは「民主主義は欲しくない!」「ベールを被ろう」「首長国支持!」 。これがタリバン支配下の生活です。

彼らはシャリア法の範囲内で、と言っています。女性の権利を掲げてタリバンに反対している女性たちはアフガニスタンを代表するものではなく、イスラーム教は女性に学ぶ権利を認めており、教師、医者、神学者、科学者になることができる、と言っています。


タリバンは、タリバン首長国を支援するために、教師、生徒、およびその両親に一連のデモへの参加を強制しています。西側の市民社会活動家は、国際社会に対し、アフガニスタンの状況にできるだけ早く対処し、アフガニスタンの状況を監視するよう求めています。
Taliban forces school teachers, students and their parents to participate in demonstrations and support Taliban Shariah and Emirates.
Afghan civil society activists calling on international community to react as soon as possible and consider more on Afghanistans situations.
طالبان معلمین، شاگردان و والدین آنها را مجبور به اشتراک در تظاهرات های زنجیره به حمایت از امارت طالبانی می‌سازند.
فعالین مدنی غرب از حامعه جهانی می‌خواهد تا هرچه عاجل به قضایای افغانستان رسیدگی نموده و وضعیت این کشور را جدی تحت نظر بگیرند.

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です