【WAJ】「タリバンは単なる悪者ではない」、権力を握った「悪者」である。だから、権力を維持したいなら変わらざるを得ない。

 

【スイスインフォ】2021/09/01 08:30 より

========================

「この20年で(イスラム主義勢力の)タリバンも変わった」とスイスとアフガニスタンの二重国籍を持つラミア・アブドゥル・ワキルさんは考えている。ワキルさんによると、アフガニスタンに対する欧米の見方は偏っているという。

インタビュアー:エミリー・リダード

本文:ラミア・アブドゥル・ワキルさんはアフガニスタンの社会主義者の家庭に生まれた。ムジャヒディン(イスラム聖戦士)が1992年に政権を掌握した時に、元外交官でアフガニスタンの大物政治家だったワキルさんの父親、兄弟、姉妹と共に祖国を離れ、スイスに避難する。ワキルさんはティーンエージャーだった。

スイスの主にジュネーブで10年暮らした後、ワキルさんはスイスに帰化し、スイス国籍を取得した。

ワキルさんは2013年、女性解放に取り組む非政府組織(NGO)のスタッフとして祖国に戻る機会を得た。1年後、スイスの国際協力事業を管轄する連邦外務省開発協力局(SDC)に入る。同局に2年勤務した後、アフガニスタンの首都カブールのカナダ大使館で1年間働く。17年に家庭の事情でスイスに戻ってきた。

swissinfo.ch:ワキルさんが数年前に再びカブールで暮らした時、街の様子はどうでしたか。

ラミア・アブドゥル・ワキル:治安は不安定で、かなり定期的に爆弾テロが起きていました。それでもカブールは、戦争状態にあった他の地域に比べれば、まだ安全です。私は13年に出身国へ戻る時、何が待ち受けているかを分かっていました。01~13年の間に4度、アフガニスタンに行ったので、実情を知っていました。安全上の理由と、私の家族の政治的な過去が現地で知られていたことから、あまり外出しませんでした。

【続きを読む】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です