2022年5月7日、ターリバーン(Taliban)の最高指導者ハイバトゥラ・アクンザダ(Hibatullah Akhundzada)は7日、女性に公共の場でのブルカ(チャドリ、全身を覆う衣服)着用を義務付けた。タリバン復権以来、女性に課した最も厳しい義務のひとつとなる。アフガニスタンの女性からはもちろん、世界中の女性や男性から抗議の声があがっている。ソマイア・ラミッシュさんの発言を紹介します。

 

Somaia Ramish

ソマイア・ラミッシュ

ヒジャブ着用命令の義務化に反対

 

1:宗教的な観点から、ヒジャブの概念、男性・女性のヒジャブの着用方法について、理論的なコンセンサスは得られていません。イスラム教発祥の地であるサウジアラビアは、1996年に女性のヒジャブ着用義務に関する法律を廃止しています。世界の他のイスラム諸国では、ヒジャブに関する特定の法律や計画はありません。

2:社会的、文化的、道徳的な背景。通常イスラム諸国では、社会的、文化的な背景を考慮して、被り物の種類を決定します。もちろん、保障は個人の権利の一つであり、どのような保障を選ぶかはその人自身です
強制加入は、実は女性に対する囚われ、抑圧、組織的差別なのです。実際、客観主義や非客観主義の考え方は、女性の生活を制限しています。ターリバーンは、女性の身体とアイデンティティを政治工作の場とし、ヒジャブの義務化を発表することで、女性のアイデンティティを完全に排除し、個人の権利と自由をすべて奪おうとしているのだ!

3:ブルカやベールは私たちの文化にふさわしくない。ブルカは、イラン南部の遊牧民族に属する覆いの一種です。アフガニスタンでは、人びとは衣服の分野で独自の文化や伝統を持っています。イスラム教の初期においても、女性は社会に公然と存在し、多くの物語によれば、預言者の女性は政治やビジネスに関与していたそうです。

4:イスラームは1400年の歴史を持ち、その時代の社会の希望と必要性に応じて柔軟なイスラーム法が作られています。タリバンの原始的で石化した法律は、今日のアフガニスタン社会、あるいはシャリア法とは何の関係もありません。

5:このままであれば世界は再び歴史を恥じることになるだろう。この8か月間、アフガニスタンの人びとを支援し、この歴史的な暴虐、抑圧、あらゆる種類の人権の侵害を終わらせる努力をまったくしてこなかったのだから。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ソマイア・ラミッシュさんのその他の発言

アフガン女性への抑圧をやめよ!

ガニーを逮捕せよ/Interpol Arrest Ghani

ソマイア・ラミッシュさんのFancbookページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。