ウクライナ危機に際して、植民地主義の終わりに、帝国主義諸国が国境線を勝手にひかれて苦しんでいるアフリカ人の立場から、今回のロシアの侵略を強く批判するケニア国連大使のスピーチ。
イギリス帝国主義にデュアランド・ラインを強行的に引かれたことにより今も苦しむパシュトゥーン人(アフガン人)。
ケニア国連大使は、帝国主義・植民地主義諸国が残した負の遺産を、負の遺産として引き継ぎ、紛争のない次の世界へのアフリカ人の努力と理想について語っています。
傾聴に値する演説ではないでしょうか。

「この状況は私たちの歴史と重なります。ケニアそしてほとんどのアフリカの国々は帝国の終焉によって誕生しました。私たちの国境は私たち自身で引いたものではありません。ロンドン、パリ・リスボンといった遠い植民地の本国で引かれたものです。いにしえの国々のことなど何も考慮せず彼らは引き裂いたのです。

現在、アフリカのすべての国の国境をまたいで歴史的、文化的、言語的に深い絆を共有する同胞たちがいます。独立する際にもし私たちが民族、人種、宗教の同質性に基づいて建国することを選択していたのであればこの先何十年も血なまぐさい戦争を繰り広げていたことでしょう。
しかし、私たちはその道を選びませんでした。私たちはすでに受け継いでしまった国境を受け入れたのです。それでもなおアフリカ大陸での政治的経済的法的な統合を目指すことにしたのです。危険なノスタルジアで歴史に囚われてしまったような国を作るのではなく未だ多くの国家や民族誰もが知らないより偉大な未来に期待することにしたのです。

わたしたちはアフリカ統一機構と国連憲章のルールに従うことを選びました。それは国境に満足しているからでなく平和のうちに築かれる偉大な何かを求めるからです。
帝国が崩壊あるいは撤退してできた国家には隣国との統合を望む多くの人々がいることを知っています。それは普通のことで理解できます。かつての兄弟たちと一緒になり彼らと共通の目的を持ちたいと思わない人などいるものでしょうか。
しかしケニアはそうした憧れを力で追及することを拒否します。私たちは新たな支配や抑圧に再び陥らない方法で滅びた帝国の残り火から自分たちの国をよみがえらせないといけないのです。

私たちは人種民族宗教文化などいかなる理由であれ民族統一主義や拡張主義を拒むのです。我々は今日再びそれを拒否したいと思います。

ケニアはドネツクとルガンスクの独立国家としての承認に重大な懸念と反対を表明します。
さらに我々はこの安保理のメンバーを含む強大な国家が国際法を軽視するここ数十年の傾向を強く非難します。多国間主義は今夜死の淵にあります。過去にほかの強国から受けたのと同様に今日も襲われているのです。
多国間主義を守る規範のもとに再び結集させるよう求めるにあたり私たちはすべての加盟国が事務総長の後ろ盾となるべきです。

また関係当事者が平和的手段で問題解決に取り組むように求めるべきです。
最後になりますがウクライナの国際的に認められた国境と領土的一体性が尊重されることを求めます。

ご清聴ありがとうございました。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。