2022年5月25日(Hashut e subh)

サキ・ハリド(Sakhi Khalid)

現在の国の危機を脱し、アフガニスタンを永遠の戦争に突入させないためには、ターリバーンがそのイデオロギーに基づいた政党に発展し、合法的な手段で権力を獲得する勇気を持たなければならない。

もしターリバーンがアフガニスタンを永遠の戦争と破壊の温床にしたくないのであれば、ターリバーンは政党に変身し、法的枠組みを通じて政治闘争を行う以外に選択肢はない。アフガニスタンには正当な政治体制がないため、暴力による勝利ではどんな集団も正当化されえないからだ。そのような体制は国民にも国際社会にも認められない。

ターリバーンは歴史を紐解き、現実を受け入れるよう忠告されている。武器によって国家を永遠に支配することは、間違いなく不可能である。

多様で多元的な社会では、ある政党やグループが保守的な意見、あるいはひどく後ろ向きな意見を持っていることは普通だ。あらゆる階層の市民が、法の範囲内で行動し、平和的な方法で意見を表明し、支持者を増やす権利がある。このことが暴力や危機を引き起こすわけではない。

危機は、どのような傾向であれ、どのような民族であれ、それらのグループのひとつが、力と暴力を用いて地理的な領土全体を支配し、その意思をすべての人に押し付けると決めたときに始まる。このことは、他のすべてのグループを排除し、無視することを意味し、それは間違いなく戦争と暴力につながるからだ。

どんな集団のため、あるいはどんな動機であれ、戦争状態で生きることは、社会からの深い断絶と相互理解の喪失につながる。そのような集団の兵士や戦闘員は通常、暴力に慣れ、精神のバランスを失い、平和な市民生活に備えるために、特別なケアとリハビリテーション・プログラムが切実に必要とされるのだ。

戦争集団を、理性で人びとを納得させるような政党に変えるのは、長期にわたるプロセスだが、不可能ではない。その他のグループはこの変化を歓迎し、彼らと協力して、そのような努力と変化のための環境を可能にする義務がある。市民組織は、社会的、保健的、医療的サービスを提供することによって、再生と再建のプロセスに参加しなければならない。戦闘員を雇用し、労働市場に引きつけるための特別な措置を講じるとともに、社会的・市民的行動を訓練して、徐々に自尊心を高め、人間社会に統合する方向に導かなければならない。

戦争集団の指導者が、そのような決定をくだし、変化を始めると発表すれば、間違いなく、国内外から広く称賛の声が上がるだろう。世界中の国際機関が協力して、戦争状態から市民状態への移行を専門的に管理することになるだろう。戦争集団の市民化とその政治化は、他の集団が戦争活動をあきらめる唯一の方法であり、過激派のアイデンティティーにこだわることが、よりいっそうの戦争集団を出現させることにつながるのである。もしターリバーンが国民に和解を望むなら、平和と安定をもたらすための正しいステップを踏まなければならない。その正しい方法とは、戦争行為を放棄し、政治活動に転じることだ。国連、国際社会、地域大国は、この重要なポイントに焦点を当てなければならない。ターリバーンが国民に受け入れられるのは、過激派や暴力集団としてではなく、政治的な政党としてだけである。今、ボールはターリバーンの側にあり、国民は彼らの決断を待ち望んでいる!

原文を読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。