WAJ: 本サイトでは、ファテー・サミ(Fateh Sami)氏が再三にわたり分析し、警告しているように、ターリバーン、アル=カーイダ、ISKPのテログループとNRF(国民抵抗戦線)や多くの解放組織間との闘争が激化している。現状を国連も重視している。アフガニスタンの独立系日刊紙電子版Hasht-E-Subh署名の記事を転載する。

Hasht-E Subh 2022年6月3日

国連の専門家は安全保障理事会に、ターリバーンはISKPとNRFの脅威にさらされており、アフガニスタンでの戦争は気候変動とともにエスカレートする可能性があると語った。

ワシントンポスト紙は、ターリバーンがアフガニスタンに対する支配を強化したかったので、ターリバーンはアル=カーイダと緊密な関係を維持していると金曜日に言ったと専門家を引用した。

ターリバーンに対する主な軍事的脅威は、元アフガニスタン政府の治安要員によるISKPとゲリラ攻撃から来ていると報告書は述べている。

専門家はまた、NRFとISKPがターリバーン軍に対して作戦を実施しているため、天候の変化に伴って戦争がエスカレートする可能性があると述べた。

しかし、専門家は、ISKPとアル=カーイダは2023年まで国際攻撃を実行できないようだと述べています。

報告書によると、ターリバーンは他の民族グループを抑圧しており、現在、彼らの主な関心事はアフガニスタンに対する彼らの支配を強化することである。

「権力を握って以来、多くの要因が緊張を引き起こし、ターリバーン政府は混乱し、断片化されており、政策変更と後戻りを起こしやすいという認識につながっている」とワシントンポスト紙は専門家の言葉を引用した。

国内での戦争の激化とISKPによる脅威について懸念が表明されている一方、ターリバーン国防相のMullah Yaqubは、インドのメディアとのインタビューでISKPの物理的存在を否定している。

最近、多くの国がアフガニスタンに焦点を当てた会合を招集し、地域の安全に対する懸念を表明していることは言及する価値がある。

原文はこちら

————————————-
月3回(5、15,25日)、本サイトの更新情報をメールにてお送りします。(無料)。下記ページよりお申し込みできます。
お申し込みページへジャンプ
————————————-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。