つい最近の国連人権委員会でファウジア・クーフィさんが、アフガニスタン代表として発言しました。クーフィさんは1975年アフガニスタン北部バダフシャン州生まれ。ガニー政権時代の国会議員で国会副議長も務めました。ターリバーンのカーブル再登場までドーハで行われたターリバーンとの政府交渉団の一員でした。クーフィさんの自伝「お気に入りの娘」(The Favoured Daughter/ Fawzia Koofi & Nadene Ghouri/ 2012)は、現在、本サイトの「編集室から」で連載中です。

国連人権委員会でのFawzia Koofi氏のスピーチを同氏のFacebook(2022年7月3日)より全文翻訳転載いたします。

===================


↓ 画像をクリックしてビデオを観る

In the name of God, who has created all human beings equal, Madame High Commisioner, ladies and gentlemen, allow me to thank you on behalf of the women of Afghanistan, and people of Afghanistan, for including the urgent debate. It obviously is a light at the end of the dark long tour that women of Afghanistan are living at the time when I know the attention is diverted to another of war.

全人類を平等に創り給うた神の名において、高等弁務官様ほか淑女紳士の皆様、アフガニスタンの女性とアフガニスタンの国民に代わってあなた方に、この緊急討論にお招きくださったことを、感謝させてください。この機会がアフガニスタンの女性の暗く長い旅路の最後を照らす一筋の光であることは明かです。別の戦争に注意がそらされる中で、それはなおさらのことと思います。

Ladies and gentlemen, Afghanistan is suffering from multi-dimentional problems, from humanitarian crisis to human rights crisis to political crisis. The situation of women and girls in Afghanistan are very unique and dire. It is not normal. Definitely, it is not normal anywhere in the world and especially in the rest of muslim countries.

淑女紳士の皆様、アフガニスタンは人道主義上の危機から人権の危機や政治の危機まで、多次元的な問題を抱えています。アフガニスタンの女性や少女が置かれた状況は、他に類を見ないほど悲惨です。異常です。まさしく世界中のどこと比べても、特に他のムスリム国家と比べると、異常事態です。

If you look at the figures; from 28% women who were in the parliament presenting the diversity and beauty of their country to 0% participation. From 30% or more women in civil service of their country to 0%. From 4 million girl children in school now to almost 1 and a half million only in school.

それは数字が示しています。かつて国会議員の28%が女性で、それは国の多様性と素晴らしさの表れでしたが、今では0%。国家公務員の30%以上が女性でしたが、今は0%。400万の女児が学校に通っていましたが、今はわずか150万人ほどです。

From the fact everyday there is at least 1 or 2 women commit suicide for the lack of opportunity, for the mental health, the pressure they receive. The fact that girls as young as 9 years old are being sold not only because of economic pressure but because of the fact there is no hope for them, for their family. It is not normal.

こんな事実もあります。毎日少なくとも1ないし2名の女性が自殺します。理由は機会の乏しさ、心の健康、迫る圧力です。9歳になったばかりの少女が人身売買されています。経済上の圧迫からではなく、少女たちとその家族が希望を持てないからです。これは異常です。

Let’s not think that women in Afghanistan deserve this situation. Women of Afghanistan have proved that they have all the ability to be part of the progress of their country. Afghanistan is the only place in the world that women are basicaly literally invisible, the second class of their citizen.

アフガニスタンの女性がこの状況に値すると思わないように。アフガニスタンの女性はみな有能で国の発展の一翼を担えると証明されています。それがいま、女性は基本文字通り姿なき存在で、2級市民です。そんな国はアフガニスタン以外世界中どこにもありません。

In 21 century, it is heart breaking it’s painful for me and my other sisters fellow citizens to advocate for our basic rights, the right to be visible, the right not to be erased from public life.

21世紀になってなお、姿を持つ権利、世間から消し去られない権利、そんな当たり前の権利を声高に主張しなくてはならないとは、私や他の姉妹、仲間の市民たちにとって心が張り裂けるほどの痛みです。

Taliban obviously have not kept their promises of what they were telling us during the negotiation in terms of their respect for islamic rights for women. In fact what they do is in contradiction to islam.

ターリバーンは和平協議の最中、女性のイスラーム的権利を尊重すると私たちに言っていましたが、その約束が守られていないのは明かです。実は彼らの行動はイスラームと矛盾しています。

Our beautiful religion starts with Dhikr means reading. But today Taliban under the name of the same religion deprive 55% of the society from going to school. It is not only a matter of social or political participation of women, it’s a matter of our security of the country, because if 55% of the societies are oppressed, are not allowed to exercise their basic human fundamental rights, obviously that country is going to be safe haven for other military extremists.

私たちの素晴らしい宗教は「ジクル」に始まります。その基本はつまり「読む」ことです。しかしターリバーンは同じ宗教の名のもとに、社会の55%から学校に行く権利を奪いました。それは女性の社会参加、政治参加の問題だけでなく、国の安全の問題でもあります。社会の55%が弾圧され、基本的人権の行使を許されないなら、必ず過激な武装テロ集団が次々とやってきて安全な隠れ場所にするからです。

So I’m urging you today for your own security for the future of your own stability, stand with women of Afghanistan. Move from beautiful statements and the illusions to practice. Use your leverage, whatever leverage you have, over Taliban for them to become accountable, accountable on delivering to their citizen.

だからお願いです。皆さん自身の安全のために、皆さん自身が将来にわたり安定するように、アフガニスタンの女性とともに立ち上がりましょう。立派な声明やお為ごかしから踏み出し、行動のときです。テコの原理です。どんな小さな力でもうまく作用させ、ターリバーンを動かして、責任を持って市民と寄り添うよう仕向けましょう。

I ask the moslem countries, my brothers and sisters, do not let Taliban to misrepresent our beautiful religion. Our religion is the religion of peace, coexistence and acceptance. What Taliban do obviously is in contradiction to what is happening in your own country. So we expect you to be in the full front of the struggle and solidality with us.

兄弟姉妹であるモスレム諸国の皆さん。ターリバーンが私たちの素晴らしい宗教を間違って世に伝えるのを見過ごさないでください。私たちの宗教は、平和、共存、受容の宗教です。ターリバーンが見せびらかしているのは皆さん自身の国で本当に起きていることとは真逆です。皆さんが一致団結率先して私たちと共に戦うことを期待します。

I would like to suggest the following to the excellencies, members of United Nations and gentlemen;
1st, I think you now shoud be more accountable on what they do to human rights counsil.
2nd, I suggest that in all your humanitarian intervention, make 50% women participation not only as a recipient of the aid, of course in a personal level it’s heart breaking for me after 20 years to talk about donation and aid in a country that is full of natural resources. But this is our reality. My suggesution is; make it mandate defacto authority to respect 50% women participation not only as a recipient but the decision maker. Please demonstrate this. Make it showcase so that in your own organizations so that they know you are serious about this.
(3rd:)Support woman-led organizations. Now that women are being erased literally from all the public jobs, it’s only the settler society and non-government organization that provide jobs for the people for the women especially.

お集まりの閣下、国連加盟国、そして紳士の皆さん、私はここに提案します。
第1点。人権会議は、ターリバーンの行動にもっと目を光らせるべきだと思います。

第2点。人道的介入で5割の女性参加を促しましょう。もちろん、どんな場合でも、女性をただ援助の受け手としてのみとらえるのはやめてください。こんなに天然資源の豊富な国で20年も施しや援助の話をするのは、私の個人レベルでは胸が痛むのですが、それが現実だから仕方がない。つまり第2の提案は、いまの事実上の政権に5割の女性参加を遵守させること。その場合女性は援助の受け手のみならず、意思決定者としても関わります。女性率5割は手始めに国連でも実行してください。彼らも本気だと感じて良いデモンストレーションになるでしょう。
第3点。女性によって運営される機関を援助してください。いま女性は文字通りすべての公の仕事から排除されています。アフガン国民に、とくに女性に仕事を提供するのは海外NGOの役割です。

And the last again, I’d like to emphasize that we need more moslem countries to stand and to demonstrate that islam is about everybody, and what Taliban do is not represantative of islam. I urge all of you to use your leverage, to pursue a political dialogue in Afghanistan, because without a government that is accountable to its people, that is representative of all the diversity of Afghanistan, women will continue to suffer. And obviously we all know that discrimination in Afghanistan can be discrimination anywhere in the world, because discrimination does not know any border. Thank you.

最後にもう一度。より多くのムスリム国が立ち上がる必要があると私は強調します。イスラームは全ての人々のためのもので、ターリバーンの行為はイスラームを代表するものではありません。また全加盟国はテコの一端を担ってください。アフガニスタンで政治的対話を追求して欲しいのです。国民に対して責任を負い、多様なアフガニスタンをくまなく代表する政府なしには、女性たちの苦痛が止まないからです。そして皆がはっきりと知っているように、アフガニスタンにおける差別は世界中どこででも起こりうる差別です。差別は国境を知らないのです。

ありがとうございました。

————————————-
月3回(5、15,25日)、本サイトの更新情報をメールにてお送りします。(無料)。下記ページよりお申し込みできます。
お申し込みページへジャンプ
————————————-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。