(WAJ)政治に特化したアメリカ合衆国のニュースメディア・ポリティコ(POLITICO)は、アル=カーイダの指導者ザワヒリ容疑者殺害後のアメリカの次の狙いはイランと中国であると、次のように簡潔かつ具体的に報道している。(ポリティコは、ワシントンD.C.の議会やホワイトハウス、ロビー活動や報道機関の動向を、テレビ、インターネット、フリーペーパー、ラジオ、ポッドキャストなどの自社媒体を通じて配信している通信社)

 

新たな核合意に向けた交渉担当者

ギャレット・ロス
2022年8月8日午後1時24分 (東部夏時間)

バイデン大統領の次の大きな勝利の狙いは? ―ジョー・バイデン大統領は、歴史的な一連の立法に成功し、アル=カーイダ指導者の殺害作戦を成功させ続けている。そこで、同大統領はもう 1 つの重要な外交政策の課題に狙いを定めているようだ。それは、突然復活したイランとの核合意だ。

わが同僚であるステファニー・リヒテンシュタインは次のように報告している。

西側当局者は、月曜日(8日)に POLITICOに対し、7月21日に欧州連合の外交政策チーフである JOSEP BORRELLによって回覧された最終草案テキストで未解決のままだった技術的な問題の交渉を終了したと語った。最終草案は、イランと米国が行う措置を決定する。正式には共同包括行動計画と呼ばれる元の2015年のイラン核合意に完全に準拠するように戻す必要がある。」

次なるステップは?:「月曜日に、EU は正式に最終草案を参加者に配布し、米国とイランに同意を求める。合意が得られれば、外相はウィーンに戻り、2015年の核合意を正式に復活させることが期待されている。「合意に至る可能性は十分にあるが、いつものようにまだ多くの不確実性がある」と西側の高官は POLITICO に語った。

注目を集める ― 一方、バイデン政権がアフガニスタンから撤退して 1 年が近づくにつれ、新たな焦点が中国にまっすぐ向けられていることが明らかになりつつある。「バイデンと国家安全保障の高官は、テロ対策についてはあまり話さず、中国とロシアがもたらす政治的、経済的、軍事的脅威について多くを語っている。諜報機関内で静かな方向転換が行われており、以前はテロに取り組んでいた者を含め、何百人もの将校を中国に焦点を当てたポジションに移動させている」とAPの Nomaan Merchant は報告している。

諜報当局者は、テロ対策の戦いはぜんぜん無視されていないと強調している。ちょうど 1 週間前、CIAの無人機攻撃がアル=カーイダの指導者アイマン・アル=ザワヒリ容疑者をカーブルで殺害したことが明らかになった。しかし数日後、中国は大規模な軍事演習を行い、ナンシー・ペロシ下院議長の台湾訪問をめぐって米国との接触を遮断すると脅した。それは、CIAの副長官であるデビッド・コーエンが数週間前にその会議で伝えたメッセージを強調するものだった。CIAの最優先事項は、北京を理解し、対抗することだ。」

つまり、中国は台湾周辺で威嚇的な軍事演習を拡大している」( AP)

今朝、ホワイトハウスを出るとき、バイデン大統領は中国と台湾の間の状況についてどれほど心配しているか尋ねられて次のように答えた。「私は心配していないが、彼らが最大限の動きをしていることを懸念している。しかし、彼らがこれ以上何かをするつもりはないと思う。」

フォローアップについての質問「ペロシ氏が台湾に行ったのは賢明な判断だったと思いますか? 今見てみて?」バイデン氏の答え「それが彼女の決断だった」。
(ちなみに、ペロシは火曜日の「モーニング ジョー」で台湾への旅行について話し合う予定。)

1 年が終わる ―米軍がアフガニスタンを去ってから 1 年が経過する今、決定に至るまでの道のりと現在の状況を見て、いくつかの興味深い読み物がある。下記はそのふたつ。

David Petraeusは The Atlantic に次のように書いている。
アフガニスタンはこのような結果になる必要はなかった:もし私たちが西側世界のリーダーとしての地位を維持しようとするならば、私たちの特徴的なキャンペーンのひとつがなぜこのようなフラストレーションをもたらすことになったのかを理解しなければならない。

Matthieu AikinsはNYT Magazine に詳細なレポートを掲載している。
タリバンの危険な西側との衝突:女子高生を禁止し、アル=カーイダ指導者を匿った後、この政権は今、アフガニスタンの人々の生活を支える何十億ドルもの国際支援を危うくする危険を冒している。

POLITOCOの原文を読む(英語)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。