友人から送られてきたポスター。SNSで世界中で拡散されている。

シーア派であるハザラ族はターリバーンによってシーア派行事を妨害され、抑圧・虐殺だけでなく、いまやターリバーンが保護する同じスンニ派のIS-KP(イスラーム国ホラサン)やアル=カーイダなどの攻撃の対象とされ、自爆テロの犠牲者となっている。国外からも注目され、アムネスティ・インターナショナルが警告を発している。「アムネスティ:ハザラ族への攻撃を「人道に反する罪」と認定」「ハザラ人への継続的な攻撃: 西カーブルの爆発で少なくとも 40人の民間人が死亡または負傷」トピックスをご覧ください。ここをクリック

Facebookやtwitterで「#StopHazaraGenocide」と打ち込めばより多くの情報をゲットできます。

ジェノサイドはハザラ人だけでなくタジク人、最近はシーク教、ヒンズー教のインド系宗教施設への自爆テロの形で実行されています。決して許されない行為です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。