Fateh Sami’s articles in Japanese

Articles

アフガニスタンの複雑な現実:ドーハ会議の失敗と民族自決の排除(ファテー・サミ:論説:2024年2月19日)
パキスタンの政治情勢:混乱と変遷の旅、そして世界不安への序曲?(ファテー・サミ:論説:2024年2月11日)
ターリバーンの表と裏: レトリックと現実の間の溝(ファテー・サミ:論説:2024年1月16日)
苦しみのこだま: 残虐なターリバーンと戦う女性たちを見殺しにするな(ファテー・サミ:論説:2024年1月1日)
ターリバーンの残虐行為に囚われしアフガニスタン(ファテー・サミ:論説:2023年12月17日)
中東情勢の緊迫化: ガザ地区での大量殺戮に対する世界の広範な反応と大国抗争の温床(ファテー・サミ:論説:2023年11月13日)
アフガニスタンの富と地政学上の重要性: 現在進行中の外国からの介入の原動力(ファテー・サミ:論説:2023年10月12日)
崩壊寸前のアフガニスタンー世界は沈黙する目撃者(ファテー・サミ:論説:2023年9月24日)
アフガニスタン陥落から2年後の経済危機: 「イスラム首長国」の勝利と敗北(ファテー・サミ:論説:2023年9月17日)
予断を許さぬアフガン情勢(ファテー・サミ:論説:2023年6月12日)
2021年8月以後のターリバーン治世の結果(ファテー・サミ:論説:2023年3月3日)
経済連邦制こそアフガニスタン経済発展の願い(ダストギール・レザイ著、ファテー・サミ訳編集:2022年11月4日)
アフガニスタンにおける勝利者と敗北者(ファテー・サミ:論説:2022年10月24日)
遠隔外交と密着、破綻の運命(ファテー・サミ:論説:2022年9月28日)
汚れたゲーム=テロリストの育成と取引(ファテー・サミ:論説:2022年9月26日)
アフガニスタン争奪ゲーム、犠牲となる民族と住民(ファテー・サミ:論説:2022年9月19日)
アフガン不安定化で利益を追求するパキスタン・テロセンター(ファテー・サミ:論説:2022年8月22日)
ザワヒリ殺害はバイデン大統領の中間選挙キャンペーン(ファテー・サミ:論説:2022年8月8日)
ロシアが注視するアフガン北部における情勢の推移とテロ集団の集結(ファテー・サミ:論説:2022年7月18日)

死せる指導者ハイバトラー、ベールを被った幽霊となり反対派に宣戦布告(ファテー・サミ:論説:2022年7月11日)
アフガニスタンにおけるテロ活動の複雑さと継続性は、単一のソースから発生し、様々な形で現れている(ファテー・サミ:論説:2022年7月5日)
アフガンを外国諜報員やテロリストの競技場に変えるターリバーン(ファテー・サミ:論説:2022年6月13日)
米国アフガン占領20年の失敗―その原因<7>(ファテー・サミ:論説:2022年1月30日:深刻な人権侵害と女性抑圧をやめず必死に承認を求めるターリバーン)
米国アフガン占領20年の失敗―その原因<6>(ファテー・サミ:論説:2022年1月17日:国民の裏切り者アシュラフ・ガニーの恥ずべき逃亡と権力放棄の醜い言い訳)
米国アフガン占領20年の失敗―その原因<5>(ファテー・サミ:論説:2021年11月22日:ターリバーンのカーブル占拠後の情勢概見)
米国アフガン占領20年の失敗―その原因<4>(ファテー・サミ:論説:2021年10月12日:アフガニスタンの現状は三文役者の田舎芝居)
米国アフガン占領20年の失敗―その原因<3>(ファテー・サミ:論説:2021年10月4日:アメリカが作った体制の責任、パキスタンによるアフガニスタンの代理占領)
米国アフガン占領20年の失敗―その原因<2>(ファテー・サミ:論説:2021年9月28日:アフガンでの米国の失敗とは何だ? ハリルザドが使った費用は査定されるべき、と専門家の声)
米国アフガン占領20年の失敗―その原因<1>(ファテー・サミ:論説:2021年9月21日:出身部族テロ集団への権力移転を狙う2人の同級生=アシュラフ・ガニーとザルメイ・ハリルザドの役割)
ターリバーンとダーイッシュの生みの親ISI長官、子供喧嘩の恥ずべき仲裁(ファテー・サミ:論説:2021年9月6日:ターリバーンが直面する大きな試練とは?)
進行する陰謀、ターリバーンへの無血明け渡し(ファテー・サミ:論説:2021年8月9日:国連はパキスタンに制裁を科すべし)
アフガニスタンを手放すアメリカ(ファテー・サミ:論説:2021年8月1日:困惑する露中印イラン、アフガン連邦制化こそが希望)
侵略者と占領者のアフガン国民への凶悪犯罪(ファテー・サミ:論説:2021年7月24日:代理戦争がアフガニスタンを破壊している)
内戦がアフガニスタンに迫っている(ファテー・サミ:論説:2021年7月12日:露中印イランへの拡大が仕組まれた終わりなき戦争)
ターリバーンとアシュラフ・ガニー政権は同じコインの裏表(ファテー・サミ:論説:2021年7月7日:ガニーを権力から引き離すチャンス)
米軍は去る。ガニー、援助を求めバイデン訪問も、暗雲ただよう終盤戦(ファテー・サミ:論説:2021年6月28日:バイデン、ガニーを見放す)
いまこそ連邦制を真剣に!(S.A.ケシュトマンド、ファテー・サミ:論説:2021年4月10日:アフガニスタンの恒久的平和は連邦制の実現でこそ可能)
部の迫真の秘話>)

 

<Interview インタビュー>

恐怖の拡散と危機的状況の継続で生き延びを図るターリバーン(2022年05月16日:アフガニスタン教育省への文化顧問としてアフガニスタンに常駐し教育システム構築のアドバイスを行ってきたイラン外務省のアブドゥル・モハマド・タヘリ博士へファテー・サミ氏が聞く)
ターリバーンのアフガン占拠承認は周辺地域の不安定化を招く(2022年02月21日:【WAJ】ターリバーンのカーブル占拠6カ月に際しファテー・サミ氏に聞く)
ターリバーン復権1か月、何が変わったか?(ファテー・サミ:インタビュー:2021年9月13日:タリバンを軍事的にも支援するパキスタン、沈黙する国際社会)
カーブル空港自爆テロとアフガニスタンの未来(ファテー・サミ:インタビュー:S-3:2021年8月29日:ターリバーンの復活はアフガニスタンの将来にどんな影響を及ぼすか)
アフガンの人びととターリバーンが直面する課題(ファテー・サミ:インタビュー:S-2:2021年8月25日:ガニー政権突然崩壊の要因はなにか?)
タリバンはなぜ、かくも早く全土を掌握できたのか?(ファテー・サミ:インタビュー:S-1:2021年8月20日:ターリバーンがカーブルを占拠したのではない。やったのはパキスタンなのだ。)